目の病気ガイドトップ > 老眼老眼かなっておもったら?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

老眼かなっておもったら?

加齢が原因で起きる老眼ですが、加齢とは関係ない20代や30代でも、老眼の症状と同じような症状を感じる人も少なくありません。
その場合にはもしかしたら、パソコンワークやデスクワークなどで目を酷使していることによる眼精疲労や視力低下が、そういった症状をひきおこしているのかも。

できるだけ目を疲れさせないように意識して休憩を取ったり、眼精疲労の目薬などを使って目の疲れを解消するような努力をするようにしましょう。

40歳以上の方は

40代以上でこういった症状が出ている場合には、老眼かも知れませんから、できるだけ早く老眼のチェックを眼科で行うようにしましょう。

老眼かどうかは眼科で検査する事ができます。
老眼と同じような症状が表われる遠視なのか、それとも加齢による老眼なのかは検査をすれば分かりますから、自己判断せずに眼科を診察するようにしてください。

老眼検査の内容は?

検査には、一般的な視力測定や、眼球のレンズ調整力を調べる調節検査などがあります。
また、自覚症状や年齢など多くの要素を総合的に判断して、最終的に老眼なのかどうかを眼科医が判断する事が多いようです。

老眼だとわかったら

老眼と診断されたら、そのまま放置していたのでは老眼はどんどん進行していきます。
最近では効果的な老眼治療もたくさんあります。
そのため、老眼鏡だけに頼らずに老眼治療に積極的に取り組む事で、老眼の進行をスローダウンする事も可能です。 眼精疲労を解消する事も、老眼の進行を食い止める効果が期待できます。

スポンサードリンク

老眼かなっておもったら?は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.