目の病気ガイドトップ > 老眼老眼が始まる年齢


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

老眼が始まる年齢

加齢と老眼の関係

老眼は老化現象の一つです。
眼球内でレンズの役割をしている水晶体という部分の筋肉は、近くを見たり遠くを見たりする時には、筋肉の弾力性によって伸びたり縮んだりしながらレンズの厚みを調節します。
これが老化現象で筋肉が低下してくると、水晶体が縮みづらくなってしまいます。

まるで伸びた輪ゴムのような感じで、伸びる事はできても縮む事が難しくなってしまうわけです。
肌のたるみや筋肉のたるみなどと共通する点はあるかもしれませんね。

30代前半までは起こりにくい

老眼は老化現象なので、筋肉の老化が始まっていない30代前半までは起きる事はありません。
30代前半までに「遠くが見えやすくて近くが見えにくい」という症状が起きた場合には、それはおそらく遠視という別の視力障害かもしれませんから、眼科を受診して適切な治療を受けるようにしてください。

早い人は30代後半から

老眼が起きるのは、筋肉のたるみや気になり始める30代後半あたり。
眼筋肉を良くストレッチしていたり、水晶体の機能を低下させないような視力矯正運動をしている場合には、老眼が始まる年齢も遅いようですが、慢性的な眼精疲労を抱えていたりする人の場合には、早ければ30代後半から老眼が始まる事もあるようです。

一般的には40代から

一般的に老眼の症状が出てくるのは40代に入ってから。
そして、50代に入ると多くの人が老眼だと言う自覚症状を持つ事が多いようです。

老眼は老化現象なので、その進行をストップする事はできませんが、適切な予防策や治療を行う事によって、進行スピードを遅くする事は可能です。

スポンサードリンク

老眼が始まる年齢は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.