目の病気ガイドトップ > 老眼遠視と老眼の違い


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遠視と老眼の違い

症状は同じだけど仕組みが違う

遠視も老眼もどちらも「近くが見えづらくて遠くが良く見える」という症状は同じです。
しかし、症状は同じでも遠視と老眼とでは、視力低下にたどり着いている原因が全く異なります。

遠視の原因

遠視の場合には、眼軸と呼ばれる部分が正常な状態よりも短いため、水晶体のピントが網膜の後ろのほうにずれてしまう事で起きている視力障害です。
ピントを合わせる機能自体は正常なのですが、ピントが他の人よりも後ろになってしまうために、遠くが見えやすくて近くが見えづらくなってしまうわけです。

老眼の場合

老眼の場合は、水晶体の弾力性が老化現象で低下する事が視力低下の原因となります。
もともと水晶体はレンズの役割をしていて、遠くを見る時にはレンズを引き伸ばして薄くし、近くを見る時にはレンズの厚さを厚くして焦点を合わせるという機能を持っています。

これが加齢によって水晶体の弾力性が低下してくると、水晶体が収縮してレンズの厚みを厚くする事が難しくなってしまいます。
弾力がなくなってくるので、レンズはどうしても薄くダラリと伸びた状態になってしまうため、遠くは見えやすく近くが見えづらいという状態になってしまうわけです。

症状が似ているだけで根本は違う

遠視と老眼は、症状がとても良く似ているというだけで、全く異なる原因で起きている眼精疾患。
そのため、もともと遠視を持っているから老眼になりやすい事もありません。
ただし、遠視の人はもともと遠くが見えづらいので、40代以降に入ると老眼でも「遠視が進んだかな」と解釈してしまう事はあるようです。

スポンサードリンク

遠視と老眼の違いは以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.