目の病気ガイドトップ > 老眼近視の人は老眼にならない?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近視の人は老眼にならない?

歳をとってから見えやすくなったと言う人もいるけど・・

老眼は、水晶体のピントがずれて遠くが見えづらくなってしまうという症状。
一方、近視は、近くが見えて遠くが見えづらいという症状です。
もともと近視を持っている人なら、水晶体のピントがずれて見えやすい距離が遠くになれば、老眼によって近視が改善できるのでは?と考えてしまいがちですが、実はこれは間違っています。

実は近視でも加齢で老眼になってしまいます。

ピントが近くか遠くかというだけの問題なら、ピントが近くから遠くにずれていく老眼の進行によって、近視が改善したような感じになる事はあるようです。
また、その事によって、近視の人は老眼になっても、老眼で見えづらいと感じる時期が遅いのも事実。
そのため、老眼になりにくいという錯覚をしている人が多いようです。

簡単な老眼のチェック方法

老眼は老化現象の一つなので、近視や遠視などの視力低下とは根本的な原因が異なります。
しかし、近視を持っている人にとっては、自分が老眼なのかどうかを判断できる基準もあるので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?

近視の人がコンタクトレンズやめがねをかけると、近くも見えて遠くも良く見えるはずです。
この状態がキープされている間は、老眼はまだ進行していないと考えて良いようです。

しかし、近視の人の老眼が進行すると、近くが見えづらくなって遠くが見えやすくなるようですね。
もしこの状態でコンタクトレンズやめがねを外して近くがよりクリアに見えるようになったら、それは老眼が進行していると考えても良いみたいです。

スポンサードリンク

近視の人は老眼にならない?は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.