目の病気ガイドトップ > 老眼老眼のレーシック治療


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

老眼のレーシック治療

レーシックで老眼を治療できるの?

レーシック手術は角膜の表面を削る事でピントを合わせることができます。
近視や遠視など視力低下で悩んでいる人にとっては、メガネもコンタクトレンズも必要なくスピーディに視力矯正ができる便利な治療方法です。

レーシックで視力矯正ができると聞くと、老眼もレーシックで矯正する事ができるような気がします。
しかし、レーシックで老眼を根本的に治療する事はできません。
レーシックで老眼の治療ができるのは、老眼の症状を一時的に軽減する事なのです。

老眼はなぜ根治療法がないの?

もともと老眼は、目のレンズ機能をつかさどっている水晶体の老化現象が原因です。
老化で水晶体が弾力性を失い、レンズの厚さを上手に調節できなくなってしまった事が原因で起こるのです。

そのため、老眼を根本的に治療するためには、水晶体の弾力性を取り戻す方法しかありません。
現在ではどの方法を用いても水晶体の弾力性を取り戻す事ができる治療は見つかっていないため、眼筋肉を自分でストレッチさせながら筋肉の低下を抑える方法が最も有効だといわれています。

レーシック以外の老眼治療について

レーシックは老眼の治療にはなりませんが、視力低下を抑えるための治療としては、効果は一時的ですが有効です。
しかし、老眼矯正のための眼科手術ではレーシックよりも適している方法もあるので、手術を考えている場合には、伝導性角膜形成術とも呼ばれるCKという手術や、遠近両用眼内レンズの手術などの方が、長期的な老眼治療につながるともいわれています。

その中でも、遠近両用眼内レンズは老眼だけでなく白内障なども同時に治療する事ができますし、白内障の手術としても採用されている方法としても知られています。

スポンサードリンク

老眼のレーシック治療は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.