目の病気ガイドトップ > 老眼老眼の原因


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

老眼の原因

老眼は老化現象

老眼の原因は、一言で言うなら「老化現象」
人間は誰でも加齢とともに老化現象が体のあちこちに現れてきます。
視力が低下してしまう老眼も、老化現象の一つです。

老眼の症状が出るしくみ

私達の眼球には、レンズの役割をしている水晶体があります。
水晶体は透明で全面に膨らんだ形をしていて、弾力のある組織なのですが、老化現象によって水晶体の弾力性が低下してしまいます。
これが、老眼の直接的な原因となります。

水晶体の働き

水晶体は、見たいモノの距離に合わせて暑さを調整して、ピントを合わせる作用をしているのですが、水晶体の弾力性が弱くなってしまうと、見たいモノの距離に合わせてピントを合わせる能力が低下してしまいます。
すると、ピントが合っていないずれた状態の画像がそのまま脳に送られてしまう事になってしまいます。

例えば、近くのものを見る場合には水晶体は自然に厚くする事でピントを合わせようとします。
また、遠くを見ようとする場合には、水晶体は厚さを薄くすることによってピントを合わせるのですが、弾力性がなくなった水晶体は、ダラリと伸びてしまうために近くのものを見ようとしても弾力によって厚さを厚くする事が難しくなってしまうというわけです。

老眼の進行を抑えるためには?

老眼が始まる時期や年齢は人によりますが、できるだけ老眼の進行をストップして遅くするためには、目をできるだけ休ませてあげて、酷使しないようにする事が有効です。
眼精疲労にかかりやすい人は、もし化したら老眼になるのも早いかもしれませんから、意識して目を休ませてあげるようにしましょう。

スポンサードリンク

老眼の原因は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.