目の病気ガイドトップ > 老眼老眼とは


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

老眼とは

加齢とともに、体のあちこちに老化の症状が現れてきます。
今までは視力が良かった人でも、遠くの距離は良く見えるのに、近くの距離は見えづらくなって染む事も少なくありません。これは老眼と呼ばれる症状です。

正式には「老視」という疾患名を持つ老眼は、加齢によって水晶体の弾力が低下し、見たいものの距離によって水晶体の厚みを調整する事が難しくなってしまう事によって起きる視力低下の症状です。

老眼はいつ頃から現れる?

老眼は早い人なら40代で症状が表われる事もありますが、50代に入ると多くの人にはっきりとした老眼の自覚症状が出るといわれています。

ただし、老眼はある日突然に始まるものではなく、少しずつゆっくりと進行していくため、自覚症状となるまでにはある程度の時間がかかります。
40代以上の人で、「なんとなく新聞の文字が見えづらくなった」と感じる人は、もしかしたらそれは老眼かもしれませんね。

なお加齢が原因ではなく、老眼と同じような症状が出る「遠視」もあるので、遠くが見えて近くが見えづらいからと言って、必ずしも老眼と言うわけではありません。
そう考えると、明確な線引きは難しいかもしれませんね。

老眼になったらどうしたらいい?

遠視や近視などでは、メガネやコンタクトを使って視力矯正するだけでなく、最近ではレーシックという視力矯正のための手術をする事も有効です。

しかし、老化現象が原因の老眼の場合には、レーシックを受けても一時的な視力矯正にしかならないので、老眼を根本的に解決する事にはなりません。
老眼の場合には、メガネやコンタクトなどを使って老眼の進行に合わせながら視力矯正を行うのがベストの改善策のようです。

スポンサードリンク

老眼とはは以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.