目の病気ガイドトップ > 老眼老眼の矯正方法(レーシック・CK)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

老眼の矯正方法(レーシック・CK)

近視の矯正とは異なります。

老化現象の一つでもある老眼は、視力矯正のように簡単に矯正できると言うわけではありません。
老眼はそもそも、眼球のレンズとして機能している水晶体の弾力性がなくなり、たるんだ皮膚のようにダラリとしてしまう事によってレンズの厚さ調節がしにくくなってしまう事が原因で起きてしまいます。

加齢に関係ない近視や遠視の視力矯正なら、レンズがピントを合わせる機能を矯正する事によって視力矯正することができます。
でも、老眼の場合には水晶体の弾力性という根本的な部分から矯正する事が必要になります。

矯正方法は?

老眼の矯正方法にはいくつかの方法があります。
どの方法も、老眼の進行を食い止める事はできても、根本的に老眼を解消する事ができるというわけではないので、老化現象が進むに連れて遅かれ早かれ再び老眼が進行してくることは最初に理解しておかなければいけません。

レーシック手術
スピーディに視力矯正ができることで知られているレーシック手術。
以前は老眼はレーシック対象外になっていましたが、近年、レーシックの技術も進歩してきたため、老眼でも矯正できるレーシックなども登場しているようです。

伝導性角膜形成技術(CK)
CK(伝導性角膜形成技術)と呼ばれる別の老眼矯正手術も人気があります。
レーシックでは角膜の表面を削る事でピント調整を行ないますが、CKの場合には角膜の表面に新しいレンズを取り付けるような感じで行われる手術。
CKの場合には、コラーゲン組織で角膜表面のカーブを変える事によってピントを合わせるという術式となっています。

スポンサードリンク

老眼の矯正方法(レーシック・CK)は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.