目の病気ガイドトップ > 緑内障急性緑内障の治療・手術


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

急性緑内障の治療・手術

薬物療法について

眼圧が急激に上昇する急性緑内障は、速やかに眼科で治療を始める事が早期解決につながります。
急性緑内障の治療は最初に、急上昇してしまった眼圧を下げるために薬物療法が行なわれるのが一般的です。

治療には、縮瞳剤などの点眼薬が使われたり、静脈からマニトールやグリセオールなどの高浸透圧剤を点滴として体内に入れる方法などもあります。
また、炭酸脱水素酵素阻害薬などを併用する事もあります。

これらの方法はスピーディに行なわなければいけないので、一つの方法のみが選択されるというよりは、複数の薬物療法を同時に行なう事が多いようです。

レーザー手術

薬物療法で眼圧を下げても、そこで治療が終わるわけではありません。
眼圧が下がったらただちにレーザーによる切開手術が必要になることがあります。

急性緑内障の手術には、レーザー虹彩切開術という術式が行われる事が一般的で、レーザーによって虹彩の付け根部分に小さな穴をあける事で目に保湿と保水を行なっている房水の流れを活性化するようです。

レーザー手術が出来ない人

ほとんどの急性緑内障では、このレーザー手術によって症状を改善する事ができますが、眼球の状態によってはレーザー虹彩切開手術を受ける事ができない場合もあるので注意が必要です。
例えば、角膜がむくんでいる角膜浮腫、眼球の混濁が強い場合などには、レーザーによる切開手術ができないので、別の手術を行うことで虹彩を切開する事になります。

急性緑内障を早期発見すれば、レーザー切開術を受けずに薬物療法だけで治療できる場合もあるので、できるだけ早期発見する事が急性緑内障の治療につながります。

スポンサードリンク

急性緑内障の治療・手術は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.