目の病気ガイドトップ > 緑内障急性緑内障の特徴や症状


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

急性緑内障の特徴や症状

急性緑内障とは?

40代以降の女性に多いといわれている急性緑内障。
緑内障は眼圧が異常に高くなる事で、視神経にダメージを与えてしまう眼精疾患の一つです。

緑内障には慢性のものと急性のものがありますが、急性のものは、突然眼圧が急上昇する事によって、頭痛が起きたり眼痛が起きたりするという特徴があります。

症状について

急性緑内障は、発作から始まる事が多いようです。
発作は通常の場合には両目同時に起こるようですが、中には片方の眼が最初に発作を起こし、もう片方が時間差で発作を起こす事もあります。

眼圧が突然急上昇してしまうので、頭痛や眼痛などの痛みに加えて、ものが見えづらくなる視力低下、目の前に虹がみえるような虹輪視などの症状があります。

また、急性緑内障の症状は眼球周辺だけではなく、冷や汗が流れたり、吐き気がしたり、脈拍が遅くなったりするなど、内科の症状が表われる事もあります。
発作の前触れとして、一時的に眼痛が起きたり、視界が霧がかって見えたりする事もあるようです。

気になったらすぐに受診を

急性緑内障は、発作が起きたらスピーディに眼科での治療が必要になります。
しかし、眼球周辺の痛みが弱かったりすると、内科系症状の延長として頭痛や眼痛が起きていると勘違いし、内科を診察する人も少なくありません。

内科を診察する事はいけない事ではありませんが、少しでも目や頭痛、疲れ目、虹が見えるなどの眼精症状が出ている場合には、内科だけではなく眼科も診察するようにしてください。
スピーディな治療開始が急性緑内障の早期解決にもつながります。

スポンサードリンク

急性緑内障の特徴や症状は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.