目の病気ガイドトップ > 緑内障眼圧とは?(正常値・異常値)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

眼圧とは?(正常値・異常値)

眼圧について

人間の眼球は、丸い形をしています。眼球が正常な大きさや形をキープするために機能しているのが、眼球内の圧力、つまり眼圧です。

眼圧は圧力なので目に見えるものではありませんが、眼圧が変動すると、それまで正常に機能していたピント合わせの作業が困難になってしまいます。
例えば、急激な視力低下が起きてしまうというリスクがあります。

眼圧の正常値・異常値

正常な眼圧はどのぐらいなのでしょうか?
人種によっても眼圧は少し変わるようですが、日本人の場合には眼圧は10mmHg 〜12mmHgぐらいと言われています。

眼精疲労やその他の要因によって眼圧が少し変動する事は珍しくなく、目が疲れていない人でも1日に眼圧が5mmHgぐらいは変動しているのが一般的です。
ちなみに「眼圧が高い」というのは、眼圧が25mmHgを超えるぐらいの圧力になった場合です。

眼圧と緑内障の関係

眼圧を正常な範囲に調節しているのは、房水と呼ばれている体液です。
房水は眼球の表面に酸素や酵素、養分などを補給すると同時に、眼球で必要ない老廃物を体外に排出する働きもしています。
イメージ的には、高温のものにホースで水を掛けながら温度調整をしているという感じでしょうか。

そして眼圧が高くなると、緑内障という眼精疾患になります。
眼圧が高くなる事で視神経が圧迫されてしまうため、神経がダメージを受けたり、時には神経が機能しなくなってしまうこともあります。この状態が続くと、どんどん視神経が死んでしまうため、視野が狭くなったり最悪の場合には失明してしまうリスクもあります。

スポンサードリンク

眼圧とは?(正常値・異常値)は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.