目の病気ガイドトップ > 緑内障緑内障の種類


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

緑内障の種類

緑内障は眼圧が高くなる原因によっていくつかの種類に分類する事ができます。
いずれの場合でも出来るだけ早期発見をして早期に治療する事が必要になります。

先天性緑内障
隅角(ぐうかく)と呼ばれる部分が生まれた時から未発達な場合には、先天性緑内障になってしまう可能性が高いようです。

続発緑内障
角膜の疾患やめの炎症など、眼精疾患が引き金になって眼圧が上がり緑内障を発症してしまうのが、この続発緑内障と呼ばれる緑内障です。
眼精疾患の治療のために使っていた目薬などの薬が原因で眼圧が上がる事も多いです。
そのため、眼精疾患の治療薬を処方してもらったら、必ず副作用が出ていないことを確認しながら使用しなければいけません。

正常眼圧緑内障
眼圧が上昇する事によって発症する緑内障ですが、中には眼圧は異常ないのに緑内障になってしまう事もあります。
正常眼圧緑内障は欧米人よりも日本人に多いタイプの緑内障で、国内で発症している緑内障の60%以上は、この正常眼圧緑内障と言われています。

原発開放隅角緑内障
隅角の部分が少しずつ広がっていく慢性的な緑内障。
緑内障がゆっくりと進行するために自覚症状に気づかない事も多いのですが、できるだけ早期発見をすれば早期治療に結びつける事ができます。

原発閉塞隅角緑内障
隅角部分が狭くなる事によって眼圧が上昇してしまうというタイプの緑内障。
慢性タイプと急性タイプがあり、急性の場合には突然の眼痛や頭痛、吐き気などの発作によって始まる事が多いようです。

スポンサードリンク

緑内障の種類は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.