目の病気ガイドトップ > 白内障眼内レンズの特徴や種類


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

眼内レンズの特徴や種類

眼内レンズについて

白内障の手術では、超音波を使って白くにごってしまった水晶体を取り出し、眼内レンズと呼ばれる人工のレンズを挿入する手術を行うのが一般的です。
眼内レンズの質も近年では驚くほど進化していて、レンズという機能に付加機能がたくさんついているものも登場しているようです。

・着色眼内レンズ
水晶体は年齢とともに黄色く着色されてくるため、透明の眼内レンズを挿入すると、慣れるまでは眩しすぎて眼をあける事もできないという事態にもなりやすいもの。術後すぐに自然な見え方を可能にしたのが、わずかに着色されて眩しさを回避できる着色眼内レンズです。

・非球面眼内レンズ
従来の球面眼内レンズでは、光があちこちから入ってくるために焦点がぼやけてしまい、クリアな視界を再現するのが難しいというデメリットがありました。しかし非球面眼内レンズなら、そういった問題をすべてクリアする事ができるので、クリアな視界が可能になります。

・多焦点眼内レンズ
遠近両用タイプの眼内レンズ。近くのものも遠くのものも、クリアに焦点をあわせることができるのでめがねやコンタクトの必要もなくなります。

眼内レンズは老眼治療にも効果的

水晶体ごと人工のものに取り替える眼内レンズは、白内障の手術に採用されているだけではなく、老眼の治療にも効果があると報告されている術式です。保険適用外の手術なので手術費用は高くなってしまいますが、手術後にめがねやコンタクトが全く必要ない便利さもあり、人気のある術式なのだそうです。

スポンサードリンク

眼内レンズの特徴や種類は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.