目の病気ガイドトップ > 白内障白内障の症状


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白内障の症状

白内障について

白内障は、ある程度進行しなければ自覚症状が起きない恐ろしい眼精疾患です。
白内障が始まったばかりのステージで発見できれば、目薬や内服薬で進行をストップする事も可能なのですが、この段階では自覚症状がないので、眼科の定期検診を受ける事でしか早期発見する事ができません。

白内障は水晶体の表面部分から白くにごり始めますが、進行すると濁りが表面部分だけではなく中心部分にも広がってきます。そのぐらいになると自覚症状も表われる事が多いようです。

症状について

白内障の自覚症状には、
・視界が白くボンヤリかすむ
・ものがクリアに見えづらい
・ものが二重にみえる
・焦点をあわせづらい
などの症状があります。

ほかの眼精疾患とは違い、痛みなどはほとんど感じないため、視界が少しぐらいボンヤリしていても「今日は疲れたしな」と気にせずにやり過ごしてしまう人も多いようです。

予防には早期発見を

白内障は早期発見すれば手術をしなくても薬物療法で進行をストップする事ができます。
加齢とともに白内障にかかりやすくなってしまうので、40代以上の人は眼科の定期健診も行うようにして早期発見に努めるようにしましょう。

視界がどんどんぼやけてきて、視力も低下してくると、ほとんどの人は眼科を受診して白内障と診断されます。しかし、そうなってもまだ放置していると、瞳孔部分が白くなってくるので、鏡を見ても、他人が見ても白内障だと一目で分かるようになります。

白内障の進行を放置すると、急性の発作が起きて失明する可能性もあるので気をつけなければいけません。

スポンサードリンク

白内障の症状は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.