目の病気ガイドトップ > 白内障白内障の原因


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白内障の原因

なぜ水晶体が白く濁るの?

眼球のレンズ部分として機能している水晶体が白くにごってしまうという白内障。
水晶体の中に存在しているαクリスタリン蛋白というたんぱく質が変化してしまう事によって濁った蛋白が増加してしまうのが、白内障の直接的な原因です。

白内障を引き起こす要因

何が白内障を引き起こしているのかというと、いろいろな原因があります。
加齢とともに発症率が増加する白内障ですが、生まれた時から水晶体がにごっている場合もあります。先天性白内障に分類される白内障です。
また、若いうちから白内障を発症する場合には、栄養失調やアトピー性皮膚炎などが白内障を引き起こすことも多いようです。

生活習慣病の一つでもある糖尿病も、白内障のリスクが高まるので気をつけなければいけません。
若い頃から糖尿病になる人はそれほど多くはありませんが、生活習慣病が気になる年齢になったら、白内障のリスクもきちんと考慮して糖尿病を予防するようにしましょう。

副作用として発症することも

白内障は、赤外線治療や放射線治療、ステロイド剤、抗ウツ薬などの治療における副作用として発症する事もあります。
ただ必ずしも眼精疾患の治療過程での副作用というわけではありません。
そのため、こういった治療を行っているうちに視界がボンヤリするような症状が出た場合には、速やかに医師に相談して治療方法を変えてもらう相談をしてください。

他の疾患が原因になることも

眼精疾患を患った後に、白内障へ移行しやすいのも、この疾患の特徴です。
例えば、緑内障の手術、角膜や網膜剥離の手術、硝子体手術などを行って眼球の免疫力や抵抗力が低下している時にも、白内障がおきやすくなっています。

スポンサードリンク

白内障の原因は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.