目の病気ガイドトップ > 白内障白内障とは


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白内障とは

白内障とは?

写真を撮る時に、カメラのレンズが曇っていると、視界が霞がかってしまって上手くピントを合わせる事が難しかったり、視界が白くボンヤリしてしまいますよね?
白内障は、眼球のレンズとして機能している水晶体が白くにごってしまうという眼精疾患です。

主な症状

水晶体が白く濁ると視界が白くボンヤリしてしまうため、どうしても視力は低下してしまいます。
また、明るい所では光が眩しすぎて眼を開ける事が難しかったり、視界がぼやけてモノが2重や3重に見えるという症状もあるようです。

主な原因は加齢

白内障は加齢とともに起こりやすくなる眼精疾患で、日本人では60代で70%の人が白内障の症状が表われるとも言われています。
そして、80代ではなんと100%人が白内障が原因で視力低下してしまうのだそうです。

予防するためには?

白内障は老化とともにおきやすくなってしまう眼精疾患ですが、生活習慣や食生活を工夫する事によって、白内障に起こりにくい体質を作る事も可能です。
例えば、紫外線や赤外線などの強い光から眼を保護するためにサングラスを着用するように心がけたり、白内障を進行させるといわれている糖尿病にかからないように栄養バランスやカロリーを考えた食生活も大切です。

治療について

白内障になると、ケースバイケースで内服薬や目薬などの薬物療法を行なったり、手術で眼球の濁りを取り除いたりする治療法が選択されます。
目薬などの薬物療法では、白内障を根本的に治療するというわけではなく、進行を遅くする事を目的にしています。 根本的に白内障を解消して視力を取り戻したい場合には、手術という方法しかないようです。

スポンサードリンク

白内障とはは以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.