目の病気ガイドトップ > 飛蚊症飛蚊症とは?症状など


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飛蚊症とは?症状など

払えないゴミが移りこむ病気

飛蚊症(ひぶんしょう)とは、目の前を黒くて小さなゴミが飛んでいるように見えたり、蚊が飛んでいるように見えたり、また、白い霧が視界の一部に浮いているように見える眼精疾患です。

最初はゴミを払いのけようと手で払ったりしますが、実際にゴミが浮遊しているわけではなくて飛蚊症は眼精疾患なので、もちろん取り除く事はできません。中高年なら気にしないようにできても、子供が飛蚊症にかかるとストレスや神経質になったりするので、早期発見と早期治療が必要な眼精疾患でもあります。

飛蚊症の症状について

飛蚊症は、眼球のレンズ的な役割をしている硝子体の中に濁りがあり、その濁りの陰が視野にゴミや蚊のように映って見えている症状。
加齢や生理的なことが原因で発症する事が多いため、ほとんどの場合には自然経過を観察しながら治療が必要ない場合もあるようですが、別の眼精疾患の初期症状として飛蚊症の症状が表われる事もあるので、安易に自己判断したりせずに、きちんと眼科を受診する事が大切です。

症状が表れたら眼科受診を

飛蚊症は、打撲など、目を強くぶつけた時に硝子体に濁りが出てしまい飛蚊症になってしまうというケースもあります。未成年ではかかりにくい眼精疾患でもある飛蚊症ですが、外部からの衝撃が原因で飛蚊症になる場合には、年齢にも性別にも関係なく飛蚊症になるので注意が必要です。

多くの場合、目の前の「ゴミ」の大きさはほとんど変わりませんが、いきなりゴミの数が増えたり、大きさが大きくなった場合などには、別の眼精疾患の疑いがあるので、すぐに眼科を受診するようにしてくださいね。

スポンサードリンク

飛蚊症とは?症状などは以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.