目の病気ガイドトップ > ドライアイドライアイの対策・治療


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドライアイの対策・治療

ドライアイになりやすい人

パソコンやテレビゲームなど、同じ画面を長時間見続けている生活習慣を持っている人は、瞬きをする数が他の人と比べると圧倒的に少ないため、ドライアイになりやすいといわれています。
ドライアイにならないためには、こうした作業をしている場合にはできるだけ頻繁に休憩を取ったりして、目を少しでも休ませて上げる時間を確保する事がドライアイを予防する事につながります。

目の酷使には気をつけて

眼精疲労はドライアイを引き起こす原因にもなります。
眼を酷使して眼精疲労になりやすい場合には、目の周辺をマッサージして筋肉をストレッチさせてあげたり、目の周辺のツボを押して眼の周辺の血行をよくすることも有効です。

また、目が疲れたなと感じたら、目を閉じて、まぶたに蒸しタオルなどを当ててあげるのも血行促進には効果的です。
何よりも眼が「気持ちイイ」と感じる事が、予防や対策では必要になります。

症状が重い場合は?

ドライアイで目を開けている事も大変な人、目がショボショボしてどうにもならないという場合には、ドライアイ治療の目薬などもおススメです。
治療効果がある目薬には、眼球の表面を保湿・保水してくれる成分が入っていたり、目の疲れを取り除いてくれる成分が配合されたりしているので、一時的ではありますが、ドライアイを解消する事ができます。

ドライアイの症状の一つに、目の異物感があります。
目を閉じたり眼を休ませても異物感が取れないような場合には、本当に異物が入っているのかもしれませんから、眼科を受診して検査してもらうようにしましょう。
異物感のために眼をゴシゴシするのはNGです。

スポンサードリンク

ドライアイの対策・治療は以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.