目の病気ガイドトップ > ドライアイドライアイとは?原因・症状など


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドライアイとは?原因・症状など

パソコンやテレビゲームなどが広く浸透している日本社会では、ドライアイ人口も800万人以上と言われています。
生活習慣によってかかってしまうドライアイは、一度かかると慢性化してしまうこともある眼精疾患なので、できるだけドライアイにならないような予防策が必要になります。

ドライアイとはどんな状態?

ドライアイとは、そのネーミングどおり「眼がドライになってしまう」という眼精症状です。

眼は通常、表面は涙という液体によって覆われています。
涙は涙腺から必要に応じて分泌されていて、外部から細菌や異物などから大切な眼球を守るという役割をしています。

しかしドライアイになると、涙腺から涙が分泌されにくくなってしまうため、目の表面が乾いた状態になり、痛みや炎症など色々な症状が起きてしまいます。

ドライアイの症状

ドライアイになると、目がショボショボしたり、最初は眼精疲労と同じような症状が出てきます。
この段階で眼を良く休めてあげたり生活習慣を改善してドライアイになりにくいようなライフスタイルに変える事ができれば、ドライアイも自然治癒する事ができます。

しかし、ドライアイと知りながらも仕事などで生活習慣を改善できないでいると、ドライアイはどんどん進行してしまいます。目の表面が乾いてしまい、そこに外部からの異物や細菌などが侵入すると、激しい痛みを伴って目が充血してしまったりします。
また、光が眩しくて眼を開けているのもつらくなったりする事もあり、日常生活に支障が出る事も少なくありません。

スポンサードリンク

ドライアイとは?原因・症状などは以下のカテゴリに属しています。

トップページへ

目  次

知っておきたい!目の検査とその内容

当サイトについて

目の病気ガイド All rights reserved.